ストレスと便臭

◆ストレスと便臭

ストレスも便臭に影響を与えます。ストレスがあると、ストレスが胃腸を直撃するので便臭がきつくなります。

胃液のペプシンという酵素は、ストレスにとても弱く、正常に動けなくなります。食べ物が胃にあるのにペプシンが出なくなったり、逆に空腹なのにやたらペプシンが分泌されたりして、口臭の発生にも繋がってしまいます。

また、ストレスは小腸にもブレーキをかけて便秘を引き起こし、便が腸の中で腐敗が進み、便臭がきつくなってしまいます。口臭や便臭対策は、ストレス対策を行う必要があるわけです。

適度にストレスを解消して、便臭がきつくならないような生活をしていきたいですね。